個別が適さない場面

個別指導塾は確かに良いものです。しかし、個別指導塾がどのようなときでも良いというわけではないので注意です。ですから、中学受験に挑む場合はよく考えて選ぶようにしましょう。
個別指導塾をすることで集中的に子供の勉強をすることができるのでとても良いのですが、これにも弱点があります。まず、なんといっても子供が個別指導塾に関心を持たない場合はダメです。子供が合わないと思ったら正直勉強意欲のことを考えるとよくありません。中学受験は意欲の維持が重要になるので少しおすすめしません。ただし、その理由によっては解消出来る場合がありますので、理由を聞いてどうするかを考えましょう。

次に期間です。中学受験までそこまで期間がない場合、個別指導塾を使用しても少しだけ難しいです。ある程度子供が勉強をしているなら、個別指導塾で中学受験の対策をすることはできるのですが、少ししかないのに偏差値を上げろというのも難しい話です。それでもやってくれる先生がいますが、やはりある程度中学受験の勉強期間があったほうが中学受験の対策をすることができるので注意しましょう。

あとは、近くに個別指導塾がない場合です。少し遠くても通える距離なら良いですが、通わせるのは子供です。毎回車で送ることもできるとは限りませんのであまり遠いところですとおすすめしません。最近ではいろいろな事件もありますので、よく考えて使ってください。